2005年07月30日

小樽寿司屋 西功の謎

週末北海道へ行ってきました。
(で、また更新が滞る、と)

レンタカーで富良野のラベンダーを見て、北の国からで有名な
三日月食堂でラーメンを食べ、旭川でジンギスカンを食べました。

ラーメンもジンギスカンも大変美味しく、とても満足しました。

という事を書きたいのではなく、今回の旅行でどうにも
シコリが残る一件があったのでここに書きます。

札幌で純連に行ってラーメン食べようか、中央卸売市場の北のグルメ直売店で
いくら丼でも食べようか、と考え、道央道を旭川から札幌へ向けて
車を走らせました。

途中疲れたので、砂川SA(北海道初のハイウェイオアシス)でトイレ休憩しました。
そこで、コーヒーを買って外で飲もうかと思っていたところ、
地元の気さくそうなおじさんに、

「まぁまぁ、ここに座ってコーヒー飲みなさい」

と言われ、ベンチに座ってそのおじさんとどこから来ただの富良野はどうだった?
だの話して盛り上がりました。

話の流れで食事の話になり、「札幌でメシでも食おうかと」と話したら

『小樽でウニ食べなきゃ〜』

と、言い出しました。

いやいや、札幌でメシでもって言ってんじゃん、と思いましたが
高速で30分余分に走るだけだよ、とか塩水ウニ食べたことある??
なんて話を聞いてるうちにこりゃ行ってみるかな?という気持ちになりました。

すると、

『名刺に店の名前と電話番号を書いてあげよう』

と言われ、おじさんの名刺の裏にペンで書いてもらいました。
もうこの時にはすでに小樽へ行く気マンマンになってました。

おじさんと別れ、レンタカーのカーナビに寿司屋の電話番号を
入れ、小樽へ直行しました。

お店は北一硝子の通りの入り口くらいにあり、ものすごく繁盛している
感じはしませんが、小奇麗な感じで、

「地元の名店だな」

なんて勝手に思い込んで店に入りました。

嫁はイクラ丼1800円、
僕は一番いい寿司セット2700円を注文しました。

塩水ウニの軍艦も、タラバ寿司も美味しかったし、
イクラも臭くなくてとても美味しかったです。
(といっても所詮回転寿司しか食べたこと無い人間の感想ですが)

しかし、家に帰ってきてからネットでその寿司屋の評判はいかがなもんかと
調べたら、

サイボン・ウェブさん

finders,keepersさん日記 2004/3/15の記事

じょるじょるライダースさん

ロンちゃん&のんちゃん犬日記。さん April 21, 2005の記事

北習志野水産試験場さん9月23日の記事

ひろやのホームページさん

教えて!goo
これなんか、僕と完全に同じ疑問をお持ちなのでウケました。

アンデス共済さん2005.03.14の記事

なんと!!

ウェブに旅行記や日記を書いている人の多くが

「地元の人」に紹介されている!!
(そして観光会社でおっさんが多い)

上にも言いましたし、紹介したサイトの多くで
『美味しい』と書いてあるのは事実なんです。

でもどうにも気になります。

・観光会社で西功推進キャンペーンでもやっているのか?
・でもおっさんと話した場所は小樽からかなり離れてるし。
・紹介して何かメリットがあるのか?
・でもお店に入っても『誰からの紹介?』とか聞いてこないし。
・普通の値段だし。普通にウマイし。
・ホントに善意でオススメの店を教えてくれただけなんだろうか。。

もらった名刺は

北○道観光○通株式会社 の乗務員さんとなっています。
(モロわかり!)

確かにサービスエリアには観光バスが1台停まっていたなぁ。。
名刺に書いてある住所はリアルに存在するし、電話番号も書いてあります。
かけてはいませんが、本当に会社とその運転手は存在しそうです。
(でも会社名はWEBでヒットしなかった。)

この謎をご存知の方いらっしゃいましたら、コメントください。

-------------------------------------

俺も西功行ったぜ!という方クリックを。
(不思議な話だね、と思った方も是非押してチョンマゲ)
  ↓
banner_03.gif

-------------------------------------
posted by 暇リーマン at 01:24| Comment(18) | TrackBack(3) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
情報&TBありがとうございました。
私は小樽に向かう札幌駅のホームでおじさんに紹介されました。
やはり名刺の裏に店の案内を書いてくれました。
観光バスに勤めていた神谷さん(ハッキリ覚えてはいませんが、たしか)て方です。
きっとこれはなんらかの組織による陰謀か!?
そして我々観光者を洗脳する為の罠か!?
ま、オマケしてくれてけっこうおいしかったから何でもいいんですけど♪
Posted by ロンちゃん&のんちゃん at 2005年07月30日 02:13
“アンデス共済”の管理人をしている福岡出身埼玉育ちです。
私は実際には紹介してくれた方には会っていないのですが、観光関係とはちょっと違い、水産業者の方の紹介でした。
こうなってくると、ますます「西功」の謎が深まりますな。
いやー、私は「うまい海鮮丼を食った」ぐらいにしか思わなかったのに、まさかあの海鮮丼にこんな謎の陰謀が渦巻いていようとは、夢にも思っていなかったです。
「西功」恐るべしですなぁ。
Posted by 福岡出身埼玉育ち at 2005年07月30日 02:50
最近、この寿司屋の名前で検索したアクセスが多いと思っていたら・・・。

やっぱり怪しいですよね。絶対怪しい。北海道観光なんてベタですし。謎を探ってみたいですねぇ。
Posted by サイボン at 2005年07月30日 06:08
>ロンちゃん&のんちゃん さん
パターンが似てますねぇ。確かに美味しかったしメロンおまけしてくれたし、よかったにはよかったのですが。。

>福岡出身埼玉育ちさん
水産業者までからむとなると、かなり広範囲な陰謀ですね。
それともホントに皆善意なのか。。
西功の大将はそういうの知ってるんだろうか?
謎は深まります。

>サイボンさん
『西功 小樽』でググるとあまりにも『紹介された系』の記事が出てくるのでほんと怪しいです。

おじさんに話を聞いたときは、
「地元にはいい人いるなぁ。」くらいに
思って店に行きましたが、(実際だまされたりした訳ではないけども)簡単に人を信じてそういう所に行ってしまうのも、もう少し考えなきゃなぁ。と思う一件でした。
ひょっとしたら料金ボッタくられる可能性も
あった訳ですし。。
Posted by 暇リーマン at 2005年07月30日 17:54
今年の夏は北海道に来ました。十勝の自然を満喫しよう、美味しい物を食べようと思って。十勝から札幌に向かってると途中、小樽IC手前の最後のサービスエリアでトラックの運転手(自称)のオッチャンに声をかけられて西功を教えてもらいました。
最初は嵌めてんのか?と思いましたが、相方はしっかり信じ込んでいる。とりあえず行ってみた。中に入ると予定とは裏腹に2階へ案内される。1階カウンターは常連か単独客向けのよう。うに,いくら,えびの海鮮丼を注文。待ってる間、他の客が注文した海鮮丼のえびの大きいことに驚く。自然に期待してしまう。自分の分が来ると期待通りに大きなえび! うには今まで食べたことない味(自分は名古屋在住)。待ち時間は15分くらい?予想だが腹が減っていただけに余計に長く感じたかも。2000円の価値あり!

相方はお好み丼を注文。ネタ別に3つに別れていた。超ミニ丼が3つですね。ネタの味が混ざらないようにとの配慮なのだろうが、ボリュームに欠ける。だから女性にお勧めです。男性は海鮮丼,うに・いくら丼などがお勧め。最後におまけでかに味噌の握りを出してくれました。回転すしとは全く違い美味しかった!これぞ、かに味噌です。

サービスエリアで西功を教えてくれた、白のポロシャツの運チャンありがとう! 室蘭ナンバーの白 ヴィッツに乗ってた男2人組です。また西功でご馳走になります。次は彼女と小樽観光に来ます!! 
Posted by 敦 at 2005年08月10日 02:07
あのー。初めて参加します。西功の常連です。昔はトラックの運ちゃんばっかり相手にしてて、海が荒れて本州に渡れない時に、西功がたまり場になってたらしいです。だから、トラックの運ちゃんやめた後にバスの運ちゃんしてる人が、そーゆーことを言ってるのではないでしょうか。別にそんなに宣伝されなくても、西功はおいしい。だから、来たくないなら来るな!
Posted by タコ at 2005年08月18日 18:45
>タコさん
どうもはじめまして。なるほど、そういう事なんですね。いろいろと辻褄があいそうです。
私はおいしくないとも、こんなとこ行くな、とも全く書いてません。私が体験した事を、「謎」という事で、WEB上でも旅行で行かれた方が同様の事を思っているので記事にしただけです。
また、脚色および虚偽もありません。
なので、タコさんの前半の書き込みだけで『なるほどそういう事か』という事になり、WEB上で同様の疑問を持っていた方もそれで納得されることだと思います。
だから、タコさんの最終行、
「だから、来たくないなら来るな!」は
かなり余計なコメントだと思います。西功さんの
常連さんだったら謎に答えていただいて、それでいいんじゃないですか?
むしろお店に関しては味は美味しいと言っていて
、その周辺にまつわる謎を観光客の視点から記事にしただけですから。
Posted by 暇リーマン at 2005年08月18日 19:06
Posted by at 2005年08月24日 17:01
西功は凄く旨すぎる。だから来たくないやつは来るな。
Posted by 黒船 at 2005年09月26日 19:42
自分も先々週彼女と小樽に行ってどこで寿司を食べるか道で話しているとT木さんという北○道観光○通株式会社 の乗務員さんに西功を教えてもらいました。 
地元で有名なお店なのかなぁと調べてみたところこちらの記事に遭遇しまして、同じ体験をした人が多いようでビックリです。北○道観光の人達の中で西功がブームなんでしょうね。
 味も値段も満足だったので、旅先でいい人に出会えたなと思ってます。
Posted by TAK at 2005年09月27日 08:49
確かにこの店は北海道鮨商生活衛生同業組合小樽支部には加盟していないなあ。

俺は札幌在住で仕事や遊びで何度も小樽には行っているが西功は値段も特に安いとは思えないしもっと安い店も沢山ある、
この程度の価格と味で来たくない奴は来るなだと、この書き込みはお笑いだとしか理解できないね。

このぐらいの味や価格ならば最近過当競争の激しい札幌や小樽の回転寿司でも同じぐらいの寿司を食べることの出来る店は沢山あるぞ、実名書いちゃおうかと思ったが馬鹿馬鹿しいのでやめとく、
まあ、そのぐらいの店だわな。

Posted by oono at 2005年10月06日 21:56
さきほど小樽の駅前で北海道ウォーカーの記者と名乗る人に西功をすすめられました。
怖かったです。
Posted by じゃっく at 2006年08月24日 14:08
北海道観光で、10年ぶりに小樽に行きました。今回の小樽の目的はお寿司でした。小樽駅の小樽周辺案内マップの前で地図を眺めていたら、通りがかりのおじさんに声をかけられ、小さい子供がいる家族むけ小樽の観光ルートも案内してもらいました。50〜60代の男性で、きちんとした身なりで、小樽観光協会、観光課という氏名は書かれていない名札をつけてみえたかと思います。とても親切な人がいるなぁと思いました。お勧めのお寿司屋さんをたずねたら、「安くて地元の人の行きつけの店です」と西功を薦めてもらいました。早速、西功に入り、サーモン2かん、まぐろ2かん、ホッキ1かん、うに1かん、たまごやき1つ、いくら1かん、かにみそ1かん、あなご1かん、中とろ1かん、たこ1かん、生ビール(中ジョッキ\500)注文して6900円でした。ビール以外のにぎり寿司12かんだけでは、6400円ということになりますが、安いとは思いませんでした。他のお客さんと伝票間違えているのか?とも思いましたが言えませんでした。お寿司は、1かんが小さく、あなごはご飯と同じ長さでカットしてありました。かにみそは海苔で巻かれていなかったためかとてもさみしい感じがしました。お寿司の写真も思い出としてしっかり残っています。以前デパートの北海道展で、小樽のお寿司を食べ、とてもおいしかったので、今回はホッキ貝を楽しみしていましたが、味がよく分りませんでした。値段の割りに、物足りなさを感じたので、他のるるぶに載っていたお店(北の漁場)に入りましたが、値段は、サーモン1かん、ホッキ貝1かん、たこ1かん、まぐろ1かんで、950円でした。ネタも大きくとてもおいしかったので、最初に入っていたら・・・と少し後悔しました。観光案内所に、状況説明したら、「案内所では、西功さんはリストにないので、案内所としては紹介していることはありません。値段は相場より高いので、苦情報告として処理します。」との返事でした。最後に「小樽を、悪く思わずまた来てくださいね」と言われましたが、東京から、飛行機で遥々の旅行だったので、淋しい気持ちで帰りました。
何かの間違いたったのかもしれません。もし伝票を他のお客さんと間違えてしまっただけのことかもしれませんが、にぎり単品の値段がどこにも表示されていないので、客としては判りにくいし、値段を表示していないなら、なおさらあってはならないことだと思います。今後、西功さんのお寿司の写真を振り返るたびに、今回のすっきりしない気持ちを思い出すのかと思うととても残念です。苦情報告として処理した行方は、知ることができないままとなるでしょうが、おかしいなぁと思った時点で、確認しなかった自分に反省し、もう少し用心深く、納得いかない時はその場で解決するべきだと思いました。ある意味よい勉強になったと思います。


Posted by 残念組です at 2006年09月06日 02:36
約7年前のひな祭りの前日、氷点下10度の吹雪きの中、偶然入った店が西功さんでした。
大変美味しく、お店の方達が良い人で、ちょくちょく行きました。メニューに値段表示もあり、むしろ安いのではと思います。・・・高いというコメントの状況が納得できません。札幌赴任を終え、東京に帰ってからも夏休み、冬休みには必ず西功で美味しい鮨を堪能しています。友人達に紹介しても皆満足です。
親切なマスターの話では、地元のお客さんが多いそうです。その関係で紹介が多いのではと推測。
握りが大きい、小さいは個人の好みで、ポイント対象外では・・・札幌の女性達は小さくて食べやすいと誉めています。
FM:西功ファン 
Posted by 田村 at 2007年06月23日 00:29
いやーびっくりしました!
私達は今日札幌から帰ってきたのですが、小樽に昨日観光に行き、商店街の近くで寿司横丁の場所を地図で確認していたら、謎になっているおじさんに遭遇しこの西功という寿司屋を紹介されました。本当は行きたいお店があり場所を聞いていたのです。しかしかなりの押しで勧められたので、
地元の名店かと思いましたが…。
内容は最悪でした。
まず、酢飯がすっぱくまずい。
うにはひとかけらだけ乗っていた。笑うぐらい。
この値段?っていうぐらい今まで食べてきた寿司の中で最もまずいです。
たぶんもっといい店があるはずです。
小樽の寿司のイメージが悪くなり、皆さんが食べなくなってしまう(私はもう二度とごめんです)
事にもなりかねないし、そのおじさんは後で
お店から何か徳をされてるって勘違いいしますよね。
皆さん本当に気をつけてください!!

Posted by 最近の札幌旅夫婦です at 2008年11月23日 21:39
T木は毎日せっせとサイコウに客運んでるね。
さてさて、いくら貰ってるのかな。
Posted by 堺町の住人 at 2009年02月04日 01:36
小樽に住んでますが、観光で来たカップルや新婚さんに「妙に」人気のようですね。
小樽の人はシャイな方が多いので、観光客に自分から話しかけるようなおじさんは珍しいです。ましてや堺町などの観光地に、平日の昼間に一人でベンチに座ってるなんてちょっと不自然ですよね?(まあ、彼らは毎日そこにいるんだけど)
Posted by 小樽人 at 2009年07月12日 08:05
あれは何だったのでしょうか?
せっかくの北海道旅行、一番の思い出が西功に関する出来事になってしまいました。
2013年10月の事、札幌時計台で写真を撮っている時、観光会社らしき方に声を掛けられました。
人の良さそうなおじさんだったので、何の疑いもせず、小樽の美味しい寿司屋さんを教えてもらったのですが、それが西功でした。
(今から思うと、少しシツコイ感じだったような・・・)
お寿司自体は普通に美味しかったですが、その後の出来事があったから、今も謎が解けないのです。
西功の助手らしき方と話していると、この後の予定を聞かれました。
特にないと答えると「北の旅人」という土産物屋を紹介されました。
紹介されるだけなら良いのですが、なんと、電話で土産物屋を呼び寄せてくれ、お店の方が車で迎えに来たのです。
行くのを断ればよかったのですが、なぜか気をつかってしまい、土産物屋の車に乗車してしまいました。
5分程ゆられ、到着したお店は、お世辞にも立派とは言えない、地方のパッとしない土産物屋という感じでした。
商品は、冷凍のタラバガニが2万〜3万円、夕張メロンが1玉4千円、あまり知らないお菓子が少々という品揃えでした。
お店の方に、両親へのお土産を勧められましたが、カニやメロンの相場も知りませんし、どうもスッキリしない気持ちがあったし、ほしいものが一つも無かったので、遠慮はせずにはっきりと断り、お店を後にしました。
普段なら知らない人の話を鵜呑みにせず、用心深い行動をとるのですが、なぜあの時、札幌時計台で西功を紹介されたのを信用したのか、また土産物屋「北の旅人」の車に乗ってしまったのか・・・。
きっと、北海道に来て、開放的な気分になり、皆が良い人かと思いこんでいたのでしょう。
皆がいい人・・・
私の謎はそこなのです。
観光会社らしき方、西功の主人・助手、北の旅人の店員、皆、いい人に思えました。
本当に親切が続いただけなのか、それとも・・・。
この西功に関する出来事を思い返せば返すほど、私の謎は深まるばかりなのです。

ただ、今から思うと、皆が皆、こちらの行動等を詮索するような会話が多かったことが気になりますが。
Posted by 謎が解けない大阪人 at 2013年10月30日 22:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5466607

この記事へのトラックバック

わんこに迫る寿司屋の謎!?
Excerpt: 「暇リーマン通信」の暇リーマンさんより情報をいただきました! 先日訪れた北海道
Weblog: ロンちゃん&のんちゃん犬日記。
Tracked: 2005-07-30 02:34

小樽
Excerpt: 小樽の最新情報をチェック!ad1();         小樽 ニュー...
Weblog: [TW] HOTWORDS
Tracked: 2005-09-10 10:00

2010年10月30日(土) 北海道旅行・3日目 -小樽・市内散策1-
Excerpt: 3日目。 前日は小樽を満喫できてなかったので、朝7時から1人で小樽市内を散策[E
Weblog: なんちゃってFD乗り
Tracked: 2012-01-31 01:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。