2005年06月17日

中国・住民襲う”謎の集団”

さすが中国的なニュースです。
昨日(16日)の売国ステーションより

20050617_222115090.jpg

発電所建設の用地買取の額が安すぎるということで
地域住民がテントを張ってデモをしていたところ、車で乗り付けた
銃と鉄パイプを持った数百人の若者がいきなり住民を襲い始めた。


20050617_222128499.jpg

写真ではわかりにくいですが鉄パイプを振り落とす、発砲する、
追い掛け回す
、メチャクチャやってます。
この映像を撮った人も最終的にはボコられて骨折してます。
住民は「殺さないで」と哀願しています。
結局、死者6名、負傷者50人弱だったそうです。


20050617_222249325.jpg

な、なんと地元共産党幹部の支持で、若者が襲い掛かった、と。
若者は住民に対して恨みはないのでしょう。
日本に留学に来て金目当てで平気に殺人を犯して国に帰って
御殿を建てるというのがこれを見るとわかる気がします。。


国を一党独裁支配する共産党が、電力不足の為発電所を作ろうとする。
地域住民の権利なんて関係なし。安く買い叩く。
住民がデモを起こす。
人を雇って襲ってしまう。国の与党幹部が。

このようなニュースを観た他の国々、どう思いますか?
これが常任理事国で発生するニュースですか?

このようなニュースを観た韓国、中国と同調して日本を叩くの恥ずかしくないですか?
日本人はこの国と韓国を同様に見てますよ?

このようなニュースを観た日本の人々、中国共産党の言う
「日本の蛮行」がホントだと思いますか?大虐殺があったと信じられますか?

ゴーマニズム宣言やその他右的メディアが言う

「南京で起こった虐殺とされているものは市民のフリをした便衣兵(ゲリラ)との戦闘、
もしくは便衣兵自身が日本兵のフリして市民を虐殺した」


という左教育を受けた人なら妄言だ!なんて言いそうな事が
「やっぱりそうだったんじゃないの?」と思えてきませんか??

中国の言うことを完全に鵜呑みにして、「謝れ謝れ」言う左系の方々に再考を促します。

-------------------------------------

中国マジ勘弁な方クリックを。
  ↓
banner_03.gif

-------------------------------------
posted by 暇リーマン at 23:10| Comment(3) | TrackBack(1) | アジアニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

趙英男氏、言論弾圧に敗れる

趙英男氏、韓国人でありながら勇気をもって親日発言し、
韓国国民の洗脳を少しでも解いてくれるかと期待してましたが、ついにやられちゃいました。

騒動をリンクで振り返ってみます。

歌手・趙英男『殴り殺される覚悟で書いた100年ぶりの親日宣言』を出版

2004年10月に中央日報で掲載された「趙英男の文化ルポ」の修訂版です。有名人のカミングアウト的なものなのでかなり賛否(てゆーかほとんど否)論争が起こりました。


趙英男「独島問題への冷静な対処は日本が一枚上手」

この時点では「冷静に対処している日本を見ていると、日本の方が一枚上手だと思う」とおっしゃってます。
日本的に考えると、他の国が上手、なんて話はあたりまえ(自虐的)なのですが、
韓国における「日本が上」発言は抹殺に値します。


<インタビュー>「独島対処、日本が一段上」、波紋広がらせた趙英男氏

あれれ、雲行きが怪しくなってきました。
国内で相当な誹謗・中傷・嫌がらせにあって苦肉の策で日本メディアの歪曲という事に
矛先を向けたのでしょう。。


趙英男氏、KBS「体験、生の現場」の司会やめる

抹殺攻撃開始。


韓日世論の犠牲になった趙英男氏

出た。落とすだけ落としておいて理解を示すいつものやり方。


趙英男氏「親日発言を深く謝罪」

完全に負けました。
趙氏は、共同声明で「国内外の韓国人に深くお詫びすると同時に、今後、再発の防止を約束し、日本が植民支配時代(1910〜45)に行った犯罪行為と人権侵害について、日本政府レベルの正式な謝罪とドイツレベルの賠償があるべき、とのことに同感する」とした。
(以上引用)

一度脱北してまた北に戻っていった日本人が記者会見した時の
コメントに通ずるものがあります。コンサートやTVの仕事を片っ端からつぶされたら
どうしようもないですからね。


韓国の国民には、冷静にこのニュースを振り返っていかに自分たちが気持ちの悪い
事をしているかを認識してほしいものです。

-------------------------------------

趙英男シーの頑張りに免じてクリックを。
  ↓
banner_03.gif

-------------------------------------
posted by 暇リーマン at 00:51| Comment(0) | TrackBack(1) | アジアニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。